NEWS
  • HOME »
  • NEWS »
  • BLOG

BLOG

彫刻展を見てきました。

山瀬晋吾先生の傘寿記念彫刻展を見てきました。 日展の制作時は分野が違うにもかかわらず、いろいろな目線でご指導して下さる山瀬先生。80歳とは思えない、未だに衰えない制作意慾に同じ”ものづくり”として刺激を受けます。 お近く …

そんぱだ秋号リーフレット発行しました。

2015年10月~12月”そんぱだ”ワークショップ&イベント情報記載 そんぱだ表紙

歴史博物館

石川県立歴史博物館に行ってきました。 学生の頃はしょっちゅう歩いた赤レンガの横の歩道も、実に20年ぶり^_^; 秋晴れの青空に、赤レンガ。癒される景色。 今日は去年から習っている韓国語の教室の皆さんとご一緒させていただき …

重陽の節句しました。

特別企画”そんぱだ” 「重陽の節句を生ける」栄波先生のデモンストレーションから始まり、自由に生けこみ。 今回は菊の花だけを使った「1種生け」をしました。仏花のイメージが強い菊ですが、昔から長寿やお祝いに好まれて使われたは …

大物制作中

穴窯、野焼、展覧会…といよいよ芸術の秋到来。 今年もジタバタ日展に向けて制作スタートしました。毎年のことながら、余裕をもってスタートできないのが私です(ーー;) 二刀流は呶々のつまりとでも言いましょうか…搬入の日から逆算 …

穴窯窯詰め

年に一度、絢工房で参加している”穴窯”での焼成。窯詰めのお手伝いに行ってきました。 数日前から降り続いている雨や台風の影響をずいぶん心配しましたが、久しぶりの快晴!!幸先の良いスタートとなりました!

日展石川展

石川県立美術館で開催中の日展石川展、明日が最終日となりました。沢山の方に激励やお言葉をいただきました。 今年も公募のシーズンが始まって、毎年のことながらジタバタしています^^;みなさまのお言葉がとても励みになります。ご高 …

陶芸の工程

 夏休みの陶芸教室にいらっしゃった方に、焼き物が仕上がるまでの工程を話していたところ、「2回も焼くんですか?」と驚かれました。たしかに、陶芸を始めて20数年…当たり前に思ってきたけれど、私も学生の頃にはこんな驚きから始ま …

懐かしい器

昨日は月に一度の”そんぱだ”暮らしを彩るいけばな の日でした。なんと15年前の自分の花器を、先生が持って来てくださりレクチャー。   嬉しい恥ずかしい自分の作品との対面となりました。 彩器しいリーズが完成する前 …

磁器と陶器

陶器と磁器の大きな違いは、その原料となる粘土の違いです。 陶器はカオリンを含まない粘土(土質)を低温で焼いて作られるのに対し、磁器は石質即ち長石が主成分を成している磁土を高温で焼き使うのが大きな特徴です。それぞれ”土もの …

« 1 4 5 6 »

モノづくりが 大好きなヒトたちの 集まった 小さな陶芸教室 ″ 絢工房 ” です。      工房主 高森絢子

カテゴリー

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.